mv
img

名前:はげ太郎

性別:男

血液型:A型

誕生日:8月11日

趣味:髪の成長日記を書くこと

Social

Blog Parts

転職先を決める基準は

日本の会社の多くで取り入れられてきた給与の体系は、いわゆる月給制です。
月給制においては、月給は社員の歳や勤続期間などにより決まります。
また、ボーナスに関しては多くの会社で予め基本給の3カ月分というように定められていて、社員それぞれがどのくらい成果を挙げたのかということがお金の面にあまり反映されないものでした。  
こんなに努力したのに正当に評価されない、と感じたら、モチベーションを保つというのは難しいものです。
現代では実力主義の制度が広まり、年俸制を取り入れる会社が増加しましたが、いずれの場合にも公平な評価がなされていないといった不満を覚える人は少なくないのです。  
給与に関しての不満というものは向上心を低下させる原因にもなり、これがもとで転職しようと決める人もいます。
給与への不満から退職する人にとって、転職先でいくらほど月給やボーナスがもらえるのかというのはとても大切な問題でしょう。誰にとっても生きていく上で金銭の話は避けられないものですが、それだけにとらわれて勤め先を選ぶのは正しいやり方でしょうか?

転職は思い立ってからすぐ済むものではないのです。
やはり時間がかかる上にうまくいかなければ精神的にも疲労します。
リスクだってあるのですから合わなかったらまた辞めて次を探そう、というわけにもいかないでしょう。
あっという間に新しい仕事も辞めてしまうと、先々応募する会社には、何かあればすぐ辞める人だ、と判断されてしまうおそれがあります。転職先では可能な限り長く勤務したいと思うのであれば、報酬だけでなく、職種や業種、適性、モチベーションを保てるかといった点も検討して新しい会社を探すことが重要です。  
さらに、転職先では今の会社より高い月収を得られるという場合でも、転職により一定期間はボーナスがなかったり、会社の業績悪化により給与が下がることもあります。
自分が求める条件をすべてクリアする職場というのは簡単には見つからないものですが、金銭面以外で何を優先するのか、何をもって「働きやすい」と考えるかということをじっくり考えて転職先企業探しをしましょう。

©copyright All Rights Reserved.